前へ
次へ

転職で営業求人を検討する際に踏まえておく事

転職を検討するにあたり、通年に渡り多く目にする募集ジャンルに営業求人がありますが、営業求人にもルート営業と提案型の営業の二つのタイプがあります。
ルート営業の場合には、決められた固定客を相手に関係の維持や継続をしていく役割となります。
提案型の営業の場合には、新規開拓や新商品の開発などのプロジェクトなどに関わる役割となります。
同じ営業と言うジャンルにありながら、全く異なるタイプの役割となるため、転職の検討の際には、求人票の記載内容をよくチェックする事が必要になりますし、求人票ではよく分からないという場合には、募集をかけている企業へ問い合わせてみる必要があります。
また営業求人の場合、給与体制が基本給プラス歩合となっている場合が多く見られますが、基本給の部分は低い金額に設定されている場合が多いのも特徴となっています。
そして提案型営業の場合には、ある程度の期間ごとに契約の更新となる場合があり、成果が上がらない場合には更新ができない契約の場合もあります。

Page Top